マスク飲食について、書いてみた

3月 13, 2021

広告

こんにちは。医療者です。
今回の緊急事態宣言延長に伴い、神奈川県は「マスク飲食」を推奨として上げました(別名マスク会食)。更に交付金を申請するさいの、項目にも入れるほど力を入れてまいます。では、マスク飲食には、それだけの感染予防効果はあるのでしょうか。結論から言いますと、はっきり言って私は絶対にしません。むしろ、感染リスクが上がる可能性もあります。では、そもそもマスク飲食とは?から、何故そう言えるのか理由を書いていきます。

目 次
 

 

1.マスク飲食とは
2.効果のほどは
3.現実的にどうなの
4.まとめ

 

1.マスク会食とは
 飲食時、もちろんマスクを外しますよね?でないと食べれません。そして、食べ物を口に入れる。その後すぐにマスクを装着する。これがマスク飲食です。正直、「えっ?」ですよね。理屈はわかりますが、こんなめんどくさいことをしてまで、飲食したくないわ!って、誰もが思うと思います。実際に、これを真面目にされている方いるのか?って思いますが・・・。
 では、何故こんなことを推奨しているのでしょうか。元々、政府は飲食店でのクラスターが多いと考えています。理由はこうです。


飲食時にマスクを外す

そのままノーマスクで話したりする

飛沫が飛ぶから感染リスクが上がる

だそうです。だから、極力マスクをしている状態を保つため、飲食する時のみ外し、それ以外はマスクをすることで、感染を防ごうと考えたのです。

 

2.効果のほどは
 そもそも、マスクに感染予防効果は無いので、期待するだけの効果は無いです。はっきり言って、これで今の感染状況が緩和されるのであれば、当の昔に諸外国でも行っていると思います(多分ですが、こんなこと言ってるのは日本だけ)。それ以上に、マスク飲食には思わぬ危険が潜んでいます。

 

3.現実的にどうなの
 マスク飲食の正しい方法が、神奈川県HPから見れます(後でリンク貼っておきます)。そこでは、会食前に新しいマスクに付け替えましょうとしています。何故か?

 それはマスクは思っている以上に汚いからです。その汚いマスクを触った手で、飲食すると、ウィルス食べているのと同じです。だから交換しましょうとしています。ですが、わざわざ飲食のために新しいマスクなんて、持ち歩かないですよね?お店側も、おしぼりと一緒に、マスクなんて出さないですよね?

 となると、現実的には新しいマスクには変えずに、マスク飲食をすると思います。もはや感染対策ではなく、感染促進対策になってます。
 この前、テレビで一般人の方にしてもらいましたと放送してました。まぁマスクの表面に触る触る。外すときに触る。つけてもマスクのずれを直すのに触る。でもその度に手指消毒はしない。そして飲食を開始する。でもこれが現実だと思います。一般人の清潔、不潔の概念なんてこの程度なのです。そして感想は
「めんどくさい」
「美味しい物食べる時は、気にせず食べたい」
ごもっともです。これが大半の方の本音だと思いますし、この方法が定着しない最大の理由だと思います。

4.まとめ
 マスク飲食の理屈はわかります。ですが、これは机上の空論です。現実的に一般人の感覚では、清潔不潔の担保ができません。もっと、誰もがやりやすく、簡単な方法を考え、現実的に可能な対策を目指すべきです。そして、マスクに感染予防の効果もありません。そろそろマスクから一旦距離置いても良いのでは?と思いますが。
 話がそれましたが、私はマスク飲食は絶対にしません。よく新しいマナーとしてマスクを取り上げますが、美味しい物を美味しく食べるのが、本当の食のマナーだと思う。にもかかわらず、それを交付の条件に入れる。考え直して下さい神奈川県さん。せっかく落ち着いている陽性者が増える事にも繋がりかねませんよ・・・。

 マスク飲食を本気でされる方は、下記の動画をしっかりみて実践してください。自己責任ですので(動画の内容は、問題ないと思います)。

マスク飲食の正しい方法

広告